top of page

A2ミルクについて

牛乳の写真

​A2ミルクとは?

牛乳のタンパク質にはα、β、γ-カゼインがあります。β-カゼインには遺伝的多型(遺伝子の変異)がいくつか報告されていて、その1つがA2タイプです。従って、β-カゼインタンパク質A2タイプを持つ牛から搾乳された牛乳をA2ミルクと言います。他にβ-カゼインタンパク質A1タイプもあり、A1ミルクと言われます。
もともと、ウシはβ-カゼインタンパク質A2タイプを持っていたのですが、突然変異でA1が出現しヨーロッパから各地域に拡がっていきました。
ヒトの母乳やヤギ・ヒツジの乳汁はβ-カゼインタンパク質はA2タイプです。

​日本で売られている牛乳は何タイプ?

​現状、日本で一般的に売られている牛乳のほとんどはβ-カゼインがA2タイプかA1タイプかを調べていませんので、おそらく、β-カゼインA1とA2タイプが混合された牛乳が販売されています。
最近、パッケージにA2と書かれている牛乳が売られていますが、それは牛の遺伝子を検査し、β-カゼインA2タイプを持つ牛から搾乳したA2ミルクです。
今後、A2ミルクを日本のスーパーで見かける機会が増えると思われます。

A2ミルクの特徴は?

​牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人がA2ミルクを飲むとゴロゴロしづらくなる場合があるため、お腹に優しい牛乳と言われています。
​今後更なる検証が必要ですが、お腹に優しいのはA1ミルクが消化されるときに腸に炎症を引き起こす物質を生産するが、A2ミルクでは生産しないからだと推察されています。

A2ミルクを使用してヨーグルト、粉ミルクなども商品化されています。

見出し h6
bottom of page