top of page

ペットの遺伝病の検査 

犬種、猫種それぞれ特有の遺伝病があります。遺伝病は遺伝子が変化することで生じ、親から子に伝達します。

繁殖親の遺伝子検査をすることで、生まれてくる個体が病気になる遺伝子を持たないようにすることができます。

また、遺伝子検査によって遺伝子異常があることが分かれば、事前にペットが暮らしやすい環境を準備することができます。

 

遺伝子検査をすることで、大切な家族であるペットに寄り添うことが出来ると考えます。

見出し h6
bottom of page